長野県で注文住宅を建てるならフィアスホーム佐久平店。建築中の現場をご紹介。

甲信越・北陸のフィアスホーム

商号 株式会社ラビヤマヤ
設立 平成31年2月21日
代表者 勝俣 房子
モデルハウス所在地 〒384-0093
長野県小諸市和田148-16
TEL:0267-31-6341
FAX:0267-31-6342
営業許可番号 長野県知事許可(般-31)第25811号
自社HPのURL http://fiace-sakudaira.jp
  • スタッフ紹介
  • イベントWEB予約 WEB予約していただいた方にQUOカードプレゼント!
  • 住まいの情報サイト「おうち*くらぶ」
  • 建築実例の検索
資料請求はこちら

アスタリスくんのe現場*紹介

長野県佐久市

佐久市長土呂の分譲地に佇む家 Ⅷ

所在地 長野県佐久市長土呂
坪数 43.21坪
間取り 4LDK
見学ご希望の方は、事前に店舗までご連絡ください。
TEL:0267-31-6341
MAP
■ 現在の進捗状況
  • 着工前
  • 基礎工事
  • 建て方
  • 外装工事
  • 内装工事
  • 完成

3世代の家族が暮らす、広々した大空間!
2台の車が停められるガレージ付き!!

床暖房・太陽光・蓄電池・eパネル・トリプルガラス....
オールスターが揃う、贅沢なお家です。


2020.12.05更新 基礎工事

基礎工事 進捗6

基礎工事進捗です。

土間部分の打設を行いました。

平行して内部の配管(給排水)工事も完了です。

数日養生してから、型枠を外し土間の完成となります!!

次回は基礎工事完了の写真をのせます。

お楽しみに!!!

このページのトップへ


2020.11.27更新 基礎工事

基礎工事 進捗5

基礎工事進捗です。

立ちあがり部の型枠が組み終わりましたので打設を行いました。
今までずっと暖かい日が続いていたのですが
気温も低く、何より風が強い!!!!

大変な打設となりましたが、無事に終了しました。

打設数時間後に追っかけで基礎天端にレベラーを流し込みます。
天端部分を綺麗に水平にするためのものです。

ある程度乾いたら、凍みないように養生をして作業終了です!!

養生期間を経て型枠を外したら。。。綺麗な基礎の完成です。

このページのトップへ


2020.11.27更新 基礎工事

基礎工事 進捗4

基礎工事進捗です。

配筋検査も無事終わり、耐圧盤の打設です。
お天気も良く打設日和となりました。

作業中はコンクリートバイブレーターでの締固めやトンボでの均しなどの
打設作業以外にも、各職人さんの動きを読んだり、ポンプ圧送車のホースの動きを先読みしたりと…後ろにも目を配る程すごく多忙なのです!!

素晴らしい連携で無事打設も終了。

養生期間をおいてから、墨だし→立上り部の型枠の設置となります。

このページのトップへ


2020.11.13更新 基礎工事

配筋工事

配筋工事が始まりました。

鉄筋のピッチや定着長さ等、図面通りの施工になるように
確認しながら作業を行います。

建物の全てを支える土台となる部分で非常に重要な工程のひとつ。

配筋工事が終わると、コンクリートを打つ前に現場監督による最終確認と第三社機関による配筋検査が行われます。

完成すれば全く見えなくなってしまう部分、
だからこそきちんとした施工をする為にしっかりとしたチェック体制が重要なのですね!!

寒い中朝からありがとうございました。

このページのトップへ


2020.11.10更新 基礎工事

基礎工事 進捗3

基礎工事の進捗です。

先日土壌処理を行いました。シロアリが嫌いな薬剤です。
床下土壌に散布することでシロアリを寄せ付けないようにします。

その後、土壌から上がってくる湿気を遮断するための防湿シートを
張ります。

次は建物の高さの基準でもあり
型枠の墨だし・型枠の受け台となる捨てコンの打設です。

表面の均しを丁寧に行い、いよいよ型枠の設置に移ります。

鋼製の型枠、持ってみるとかなり重い!!
これを1枚1枚設置していき、完成です。

配筋・耐圧盤の打設、もう間もなくです!!

このページのトップへ


2020.11.05更新 基礎工事

基礎工事 進捗2

基礎工事の進捗です。

根切り作業も無事終了。砕石を敷いていきます。

この作業は掘削した地盤面が沈下しないようにするために行います。
敷き終えた後は転圧機でしっかりと踏み固めていきますよ!!

土壌処理をした後、防湿シートを張り、いよいよ捨てコンの打設になります。

このページのトップへ


2020.10.29更新 基礎工事

基礎工事スタートです!

基礎工事着工致しました!!

建物の正確な位置を出す為の定規となる丁張りをかけていきます。
配置される周囲にぐるりと。

丁張りをかけ終えると、根切りの作業です。
地盤改良で打った杭を傷つけないように慎重に行います。
バケットが入らない狭い箇所は鋤簾で土をかきだしていきます。

重機を降りたり登ったり....大変な作業です。
職人さんありがとうございます。
明日も宜しくお願い致します!!

このページのトップへ


2020.10.26更新 基礎工事

地盤改良 3

今回の地盤改良は「湿式柱状改良工法」

湿式柱状改良工法とは、セメント系固化剤を原地盤に注入しながら混合撹拌することで、原地盤土を柱状固化させ、地盤強化を図る工法です。

杭径φ600が66本!!

セメントミルクが注入された後は、打ち合わせ通りの高さに仕上げて完了です。

次々と作業が進んでいき、青い紐で位置だしされていた全ての箇所の地盤改良が終わりました。

雨が降る中での作業、ありがとうございました。

養生期間を経て、いよいよ基礎工事がはじまりますよ!!!

このページのトップへ


2020.10.26更新 基礎工事

地盤改良 2

雨がぱらつく中、本工事スタート致しました!

今日から2日間お世話になる全自動ミキシングプラントと地盤改良機です。

地盤改良機が立上り、作動の準備に取り掛かります。

セメントがミキシングプラントに投入され、地盤改良機へセメントが供給する準備が整い、いよいよ打設です。

このページのトップへ


2020.10.26更新 基礎工事

地盤改良 1

フィアスホーム佐久平店、8年目にして初めての地盤改良工事。

工事前日に設計・職人さんと共に
GL設定、擁壁からの偏芯調整、工事の段取り等を念入りに打ち合わせしました。

地盤改良工事の位置出し(墨出し)作業を終え

仮設水道のメーターも装着し、いよいよ本工事を迎えます。

※3枚目の写真をよーく見て頂くと青い紐のようなものが地面に設置されています。これが杭が打たれる箇所の目印となります。

このページのトップへ


2020.10.19更新 着工前

仮設工事

地盤調査・地鎮祭が終わり、仮設工事がスタートしました。

職人さん達が快適に工事を進められるように
仮設トイレ、水道、電気の設置をしていきます。

敷地の周りをフェンスで囲い準備は万端です。

このページのトップへ

他の現場を見る

担当者紹介

担当:佐藤悠一

記事一覧