秋田県で注文住宅を建てるならフィアスホーム秋田南店。建築中の現場をご紹介。

東北のフィアスホーム

商号 株式会社 マスターピース
設立 平成13年3月
代表者 菊地 一博
所在地 〒010-1429
秋田県秋田市山手台1-1-1
TEL 018-889-6411
FAX 018-889-6410
モデルハウス所在地 〒010-1429
秋田県秋田市山手台1-1-1
営業許可番号 秋田県知事許可(般-22)第40393号
自社HPのURL http://www.fiacehome-akita.com/
  • スタッフ紹介
  • 地震に強い納得の家づくりフェア
  • 住まいの情報サイト「おうち*くらぶ」
  • 地中熱住宅 e-POWER
  • フィアスホームの商品ラインナップをご紹介します
  • 秋田南店 専用ホームページはこちら
  • 建築実例の検索
資料請求はこちら

アスタリスくんのe現場*紹介

秋田県秋田市

無駄のない間取りのオール電化住宅

おかげさまで、無事お引渡しが完了しました。
■ 現在の進捗状況
  • 着工前
  • 基礎工事
  • 建て方
  • 外装工事
  • 内装工事
  • 完成

・現場発泡断熱
・寒冷地エアコン暖房+エコキュート
・第三種ダクト式換気
・ホールにニッチ
・リビングテラスサッシから出入りできる2坪のテラスデッキ
・リビングに併設された畳コーナー
・キッチン隣に可動棚付きパントリー
・2階に1.5坪W・I・C


2018.07.04更新 完成

養生はぎ~完成

本日は、大工さんによる養生はぎをおこないました。
建具据え付けや可動棚の設置などをおこない、そのあとで養生を剥がしていきます。

2階は建具の据え付けも終了し、養生が剥がされております。

このあと、クリーニングをおこない完成となります。

このページのトップへ


2018.06.25更新 内装工事

クロス貼り・足場解体

クロスやさんが入工し、下地となるパテかけ~クロス貼りをおこなっております。
外部は、足場が解体され外観がお披露目されました。

クロス工事が終わりますと、器具の設置がおこなわれ完成へとむかいます。

このページのトップへ


2018.06.20更新 内装工事

外壁工事・内部造作・畳寸法採り

外壁工事も残すところあとわずかとなりました。
今週末には足場解体が実施されます。
また内部は、建具枠も設置され、巾木設置にとりかかり、まもなく木工事完了となります。

クロス工事に先立って、畳コーナー部分の畳の採寸をおこなっていただきました。

このページのトップへ


2018.06.11更新 外装工事

外壁工事中・階段施工

外壁張りが進行中です。
大工さんは、階段施工を終えフロア貼りと外部軒天仕上げをおこなっております。

今週で外壁張りもほぼ終えますので、足場解体までもうすぐです。

このページのトップへ


2018.05.28更新 外装工事

透湿防水シート施工・吹付断熱工事終了・天井ボード張り

透湿防水シート張りを終え、断熱の吹付工事も無事終了し、大工さんは気密フィルム張りをおこなっております。

また、バルコニーではFRP防水を施工中です。

このページのトップへ


2018.05.17更新 建て方

サッシ取付・内部下地・床下配管

耐力壁となるOSB合板も張られ、サッシ取付が終了しました。
大工さんが内部の下地入れをおこないながら、設備屋さんによる1階床下の給排水配管工事がおこなわれております。
配管工事が終わりますと、床下断熱を入れながら床合板張りをおこなってまいります。

このページのトップへ


2018.05.15更新 建て方

建て方2日目

建て方2日目、レッカー作業が終わり屋根垂木設置後、屋根下地となる野地合板を張っていきます。

野地合板が垂木よりも下に張られておりますが、2階天井裏の吹付断熱を施工するための下地となっております。

このページのトップへ


2018.05.15更新 建て方

建て方初日

建て方が始まりました。
土台据え~1階柱建て~2階床梁とすすんでおります。

2日目は建て方レッカーを設置して2階床合板張りから進んでまいります。

このページのトップへ


2018.05.08更新 基礎工事

土間下地

立上り打設後の養生も終わり、脱枠をおこない土間下地まで終了しました。
玄関内部は、基礎断熱仕様ですので、断熱材が床部分と立ち上がり部に設置されております。
このあと土間打設をおこない、足場設置~建て方へとすすんでまいります。

このページのトップへ


2018.04.18更新 基礎工事

鉄筋組立完了

砕石敷きから、外枠組み~鉄筋組立が終了しました。
外枠の内側までの対角も測定し、規定値以内でしたので、週末には第三者機関であるJIOによる配筋検査をおこない、耐圧盤コンクリートの打設予定です。

このページのトップへ


2018.04.13更新 基礎工事

基礎工事着手

基礎工事にとりかかっております。
ベタ基礎ですので、建物外周部と内部になる部分とで段差がついております。
掘削及び砕石敷きを進めております。

このページのトップへ


2018.04.13更新 基礎工事

やり方

大工さんによるやり方をおこないました。
道路からの地盤の高さは、外構との絡みを考え事前に設定し、杭・貫を打ってもらいました。
境界線からの離れを測定し、貫へ墨をつけていきます。
四つ角に墨をつけ、対角を測定し、規定値以内でしたので、図面を確認しながら寸法の墨付けをして終了です。

このページのトップへ

他の現場を見る

担当者紹介

担当:高橋 卓也フィアスホームの住まいづくりを、ぜひご覧ください。

記事一覧